自動車保険のことならおまかせ。

自動車 保険.com > 事故を起こしたら > 示談とは

事故を起こしたら

示談とは

スポンサードリンク

自動車事故等による損害などについて、
加害者と被害者の双方が歩み寄って話し合いという形で解決する事を示談を言います。

これは民事で言う「和解」に当たるもので、損害賠償の金額などを決める事になります。

また、民事で言う和解という位置づけですが、きちんとした法的な効力も持っており、
一旦決まった内容を覆す事は非常に困難となります。

ですから、例えば自動車事故の被害者となってしまった場合などは、
医師より「もう完治しました」と言われるまで、
あるいは「もう良くも悪くもならないでしょう」のように
治療の終了をハッキリと告げられるまでは絶対に示談にしてはいけません。

なぜなら、負傷の程度にもよりますが、後から後遺症が出てきたり、
手術のし直しがあったりと不測の事態が必ず起こるからなのです。

なのに示談が成立してしまっていると、
事故のせいであってもそれが認められなくなってしまうのです。

それくらいの効力を持った示談ですから、慎重に進める必要があります。