自動車保険のことならおまかせ。

自動車 保険.com > 保険の内容 解説 > 自損事故保険とは?

保険の内容 解説

自損事故保険とは?

スポンサードリンク

100%自身の過失によって起こる事故を自損事故といいます。

例えば、居眠りをしてガードレールにぶつかってしまった、
ハンドル操作を誤って崖から転落した、
スピードの出しすぎで曲がりきれず電柱に激突した、などがそうです。

そう、「相手方のいない事故」を言うのです。

こうした事故により自身が負傷してしまった場合
あるいは死亡してしまった場合に使われるのが自損事故保険です。

自賠責保険や対人賠償保険はあくまでも「相手方」の補償ですので、
この場合には使えません。

では同乗者がいた場合はどうなるでしょう。

この場合は同乗者の負傷に限って自賠責保険が摘要されるのです。

自損事故保険の補償内容は、死亡時1500万円、入院6000円、通院4000円、
後遺障害は50万〜1500万円までとなっているようです。

しかもこの自損事故保険というのは、対人賠償保険を契約した場合、
無条件にセットされてきますので、
このために保険料を別で加算されるという事はありません。