自動車保険のことならおまかせ。

自動車 保険.com > 保険の内容 解説 > 対物賠償保険とは?

保険の内容 解説

対物賠償保険とは?

スポンサードリンク

対人賠償保険の次に重要なのが、この「対物賠償保険」ではないでしょうか。

これは、自動車事故によって他人の財産を
傷つけたり壊したりした場合に使われる保険です。

例えば事故を起こした際に相手の車が破損してしまった場合や、
人の家の壁に激突して破壊してしまった場合、
操作を誤り人家に突っ込んでしまった場合、
道路標識やガードレールなど公共のものを壊してしまった場合、
また、他人のペットなどをひいてしまった場合なども対物賠償保険の対象となります。

賠償の対象が「人」ではなく「物」であることから、自賠責保険は使えません。

という事は全額任意保険の「対物賠償保険」で支払われる事になります。

人家に突っ込んでしまった場合などはかなり高額な賠償金が必要となりますし、
外車など高級なものが街中にはあふれかえっていますから、
やはり今の時代は対物賠償保険も必要不可欠な保険で、
その額も最低1000万くらいの補償は必要であると言えるでしょう。