自動車保険のことならおまかせ。

自動車 保険.com > 自動車保険について > 自動車保険の車両料率クラスとは?

自動車保険について

自動車保険の車両料率クラスとは?

スポンサードリンク

自動車保険は、運転者の年齢や免許証の色、どんな車に乗っているかなど、
さまざまな条件を基にして保険料が決定されています。

その決定条件の中に「車両料率クラス」というものがあります。

これは、わかりやすく言えば車両保険において
「その車に対し保険会社が保険金を支払う確率の高さ」
を示したものと言えます。

例えば、過去の統計から見て、非常に事故を起す確率の高い車種、
盗難被害が非常に多い車種、そして修理代が非常に高くつく車種などであった場合、
そうでない車種の方と同等の保険料では公平さが保たれませんし、
また、保険会社も負担が大きくなってしまいます。

そのため、そのような車種で契約する場合、若干保険料に上乗せがあり、
高くなってしまうのです。

具体的には、車両料率クラスとは1〜9までのクラス分けがあり、
数字が小さいほど保険料は安く済みます。

スポーツカーや外車などは料率クラスも高く設定されています。

また、軽自動車は料率クラスの設定がないのも特徴です。