自動車保険のことならおまかせ。

自動車 保険.com > 自動車保険について > 年齢制限による保険料の違いについて

自動車保険について

年齢制限による保険料の違いについて

スポンサードリンク

自動車保険では各種制限等が設定されていますが、
その中に年齢に関する制限「年齢条件」というものがあります。

これは、契約している車を運転する人の年齢がいくつなのかによって
制限を設けるシステムで、大きく分けると次のようになります。

1.全年齢担保・・・運転手の年齢に関わらず全て補償。
2.21歳未満不担保・・・運転手が21歳未満の場合は補償されない。
3.26歳未満不担保・・・運転手が26歳未満の場合は補償されない。
4.30歳未満不担保・・・運転手が30歳未満の場合は補償されない。

しかし最近では、こうした年齢条件についても細分化される傾向にあり、
35歳未満不担保という新しい年齢条件を設定している保険会社もありますし、
年齢条件を1歳ごとに区切っている保険会社もあるようです。

そして、年齢条件が低くなるほど保険料は高くなるのです。

これは、例えば免許とりたての初心者ドライバーと、
運転歴30年のベテランドライバーとでは、当然事故に遭う確率も違いますし、
運転技術にも格段の差があります。

こうした事から、事故に遭う確率が低い人のほうが保険料は安く設定されているのです。