自動車保険のことならおまかせ。

自動車 保険.com > 自動車保険について > 保険会社の格付けとソルベンシーマージン比率とは?

自動車保険について

保険会社の格付けとソルベンシーマージン比率とは?

スポンサードリンク

ソルベンシーマージン・・・あまり耳慣れない言葉ですが、
損保業界にはそんな言葉が存在します。

これは、その保険会社にどのくらいの保険金支払い能力が
あるかを表す指標の事を言います。

そして、急な災害や株価暴落など予期せぬ出来事が起こった際に
どの程度対応できるかを示した数値をソルベンシーマージン比率と呼びます。

これはある決まった法則によって算出された数値が
200%を超えていれば経営状態は健全であるといわれています。

また、このソルベンシーマージン比率の数値を基にして
保険会社の保険財務力をランキング形式で表したものを格付けと言います。

ただしここで言う格付けは、保険会社の良し悪しを表したものではなく、
あくまでも急な何かが起こった際に支払いに対応できる余力を
持っているかどうかというものです。

サービス内容や顧客対応が非常に良いという事ではないのです。

とは言うものの、保険会社を選ぶ際の目安になることは間違いありませんね。