自動車保険のことならおまかせ。

自動車 保険.com > 自動車保険について > 自動車保険の契約形態

自動車保険について

自動車保険の契約形態

スポンサードリンク

自動車保険の契約ルートには、大きく分けて3種類の方法があります。

1.ディーラー付属型

これはディーラーで自動車保険を取り扱っている場合を言います。
車を購入した時などに一緒に勧められる場合が多く、
ユーザーもつい、何も考えずにいわれるままに契約している場合が多いようです。
保険についてあまり詳しくない方などはこのタイプになっていそうですね。

2.代理店型

これは、保険を専門的に扱っているお店で、生命保険と一緒に
販売している場合が多いようです。
専門店なので、保険に関する知識は幅広く、
また、契約者の立場でアドバイスをしてくれるので保険に関して
不安等ある方はこちらがお勧めかもしれませんね。


3.ダイレクト型

これは電話やインターネットを駆使した契約法です。
この場合、実店舗はありませんし、代理店も通さないので
保険会社と契約者による直接契約という形になります。
ですから余計な経費が削減でき、安い保険料を実現できているのです。
代理店のような細かなアドバイス等を受ける事はありませんが、
保険料の安さは非常にメリットであると言えます。
以上のような3種類がありますがどれも一長一短ですので、
目的や求めるスタイルによって自身に合ったものを選ぶと良いでしょう。